【香港共同】香港の「逃亡犯条例」改正案を巡る抗議活動を受け、香港の航空当局が12日夕方以降のほぼ全便を欠航とした影響で、香港国際空港では13日も欠航が相次いだ。朝には空港業務が再開されたものの、空港のサイトによると13日も300便以上が欠航する見通しで、混乱が続いた。羽田や成田、関西空港発着便も含まれる。

 香港政府トップの林鄭月娥行政長官は13日、記者会見し、一連の抗議活動について「自由と正義の名で多くの違法行為が行われている」と非難。香港は「後戻りできない危険な状況」に陥りつつあるとの認識を示した。