【ニューヨーク共同】週明け12日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、世界経済の先行きへの懸念から続落し、午前10時現在は前週末比185・83ドル安の2万6101・61ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は65・44ポイント安の7893・70。

 米中貿易摩擦の長期化に対する不安に加え、航空機の運航停止に発展した香港の大規模な抗議活動への警戒感も広がった。