西武が3連勝した。1―1の五回に木村の犠飛などで2点を勝ち越し、六回に外崎の18号2ランなどで4点を奪った。ニールが七回途中まで1失点で5連勝として6勝目を挙げた。ロッテは4連敗で自力優勝の可能性が消えた。