12日午前、長崎市の沖合で、行方不明の釣り人の捜索をしていた県警などが、同市中小島の無職山口秀美さん(60)と、兄で同市南山手町の無職和幸さん(67)の遺体を相次いで発見した。県警によると、11日午後、同市黒浜町の岩場で「釣り人の男性3人ぐらいがいなくなった」との110番があったことから関連を調べ、周辺海域の捜索を続ける。

 大浦署によると、11日午後4時40分ごろ、岩場近くの住民の男性が「釣りをしていた男性3人ぐらいが見当たらず、道具だけが残っている」と110番。県警や長崎海上保安部が捜索していた。