【ワシントン共同】11日付の米紙ワシントン・ポストは、1966年以降、米国で起きた銃乱射事件は165件に上り、1196人が犠牲となって死亡、2千人近くが負傷したとする特集記事を掲載した。発生頻度は年々増しており「銃乱射事件は恐ろしいが、もはや驚くことではなくなっている」と指摘している。

 米国では年間約3万6千人が銃関連の事件で死亡しており、乱射事件の犠牲者はそのごく一部に過ぎないという。

 記事は12ページにわたり、1966年以降の全事件を時系列に紹介して犠牲者の名前を掲載、2012年12月以降に起きた事件の犠牲者423人の顔写真を見開きで載せた。