【グアテマラ市共同】中米グアテマラで11日、現職モラレス氏の任期満了に伴う大統領選決選投票が投開票され、右翼の野党バモスのアレハンドロ・ジャマテイ氏(63)が中道左派の野党、国民希望党(UNE)のサンドラ・トレス氏(63)を破り勝利した。来年1月14日就任、任期は4年。

 政治・経済面での米国追従、依存は新政権でも変わらない見通し。グアテマラは台湾と外交関係があり、これも維持するとみられる。

 ジャマテイ氏は11日夜「これまでとは違うグアテマラを建設する」と勝利宣言した。