岩手県陸前高田市で東日本大震災後に見つかった写真の返却に取り組む三陸アーカイブ減災センター(釜石市)が、震災前に撮影された集合写真などの募集を始めた。津波で家族などの大切な写真を失い、代わりになるものを探し求める人は多い。「見つかる可能性が少しでも高まるよう、『思い出の共有』をしてほしい」と呼び掛けている。

 同センターは、これまで震災後に泥やがれきの中から見つかった思い出の品や写真を持ち主に返す事業を行ってきた。「娘の幼い頃の写真が見つかった」などと、喜ぶ声も寄せられているが、せっかく訪れても見つからずに落胆して帰る人も多かったという。