バレーボール女子の国際親善試合第2戦は11日、埼玉県の深谷市総合体育館で行われ、20歳以下の代表選手主体で臨んだ日本は世界ランキング33位の台湾に3―0で圧勝し、2戦全勝で終えた。

 日本は第1セット、長内(日立)のサーブや吉野(埼玉上尾メディックス)の強打が有効で25―9の大差で先取した。続く2セットも25―14、25―21で押し切った。