東海大相模は四回、失策で1点を先制。五回は松本の適時打で加点し、六回は山村の適時打などで3点を加えた。ミスに乗じ、6安打で6得点。積極的な走塁で相手に重圧を与え、好機を逃さなかった。先発遠藤は八回途中を2安打1失点と好投した。

 近江は、林が粘り強く投げたが、打線の援護がなかった。守備は6失策と崩れた。