【オイペン(ベルギー)共同】サッカーのベルギー1部リーグで10日、オイペンの豊川雄太は1―1で引き分けたホームのワースランドベベレン戦で試合終了間際までプレーし、1点を追う後半に今季初得点を決めた。

 ゲンクの伊東純也は0―2で敗れたホームでのワーレゲム戦にフル出場。セルクル・ブリュージュの植田直通は1―3で敗れたホームのコルトレイク戦で後半途中に退いた。