文部科学省は10日、アゼルバイジャンで開かれた国際情報オリンピックで、日本代表の高校生4人が金メダル1個と銀メダル3個を獲得したと発表した。

 金メダルは筑波大付属駒場高(東京都)2年の米田優峻さん(17)。銀メダルは宮崎県立宮崎西高3年の戸高空さん(17)、筑波大付属駒場高3年の行方光一さん(17)、灘高(兵庫県)2年の平木康傑さん(16)。

 87の国と地域から327人が参加し、プログラミングの技能を競った。