東京五輪・パラリンピックが開催される2020年に向け、市区町村の51%が、地元の観光地などを訪れる外国人旅行者が増えると予想していることが10日、共同通信の自治体アンケートで分かった。大会期間中の訪日客増加が地方へ波及することに期待が高まっている。一方で誘客への具体的な取り組みが進んでいる市区町村は17%にとどまり、今後の課題となりそうだ。

 市区町村からは地域の外国人客について「訪日客全体の伸びに連動する可能性が高い」(北海道函館市)、「(東京、京都、大阪といった)ゴールデンルートを経験した外国人が地方へ流れてくる」(島根県浜田市)などの声が上がった。