2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は10日、東京・お台場海浜公園で11日に行う水泳オープンウオーター(OWS)のテスト大会で、男子のスタートを猛暑のため予定していた午前10時から同7時に前倒しすると発表した。女子は同7時に開始予定だったが、同7時2分とする。

 国際水連は競技実施の条件として会場の水温を16度以上31度以下と定めているが、関係者によると、10日午後は31度近くに達した。男子を午前8時半に始める案で調整したが、監督者会議でさらに早めるべきだとの意見が出たため、男女とも早朝の開始になった。東京五輪では男女とも午前7時にスタートする。