熊本工は2―2の延長十二回、1死無走者で、7番山口が中越えに本塁打を放ってサヨナラ勝ちした。0―2の四回に森、青山の連続適時二塁打で追い付き、六回から救援した村上は7回無失点の好投で殊勲打を呼び込んだ。

 山梨学院は二回以降、再三の好機を生かせなかった。力投していた相沢は、甘く入った球を仕留められた。