大型で強い台風10号は10日、小笠原近海をゆっくりした速さで北へ進んだ。小笠原諸島の海上では10日昼すぎから猛烈なしけとなり、非常に強い風が吹くとして、気象庁は、高波への厳重な警戒を呼び掛けた。

 台風はゆっくり北上し、11日ごろにかけて、小笠原諸島に接近する見込み。その後、北寄りに進み、14日ごろに西日本の太平洋側に強い勢力で接近する恐れがある。

 気象庁によると、台風10号は10日午前9時現在、小笠原近海にあって、ゆっくりした速さで北へ進んだ。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。