関東第一が打ち勝った。0―2の三回に平泉のソロ本塁打などで4得点。4―5と逆転された四回に平泉の適時三塁打などで2点を挙げ、再度ひっくり返した。六回以降も得点機を着実に生かした。2番手の谷は伸びのある直球を軸に5回1失点と好救援した。

 日本文理は先制したが、先発の南が踏ん張れず。打線は五回以降、谷に1安打に抑えられた。