【ロサンゼルス共同】トランプ米大統領がプロフットボールNFL、フォーティナイナーズの元QBキャパニックの現役復帰について「率直に言って、ぜひ見てみたい。もし実力があるなら」と言及したと、スポーツ専門局ESPN(電子版)が9日に報じた。

 キャパニックは人種差別への抗議活動として2016年に国歌斉唱時に片膝をつく抗議を始め、16~17年シーズンを最後に所属先がなくなった。7日にツイッターに「今でも準備はできている」などと記し、復帰をアピールしていた。トランプ大統領はスポーツ選手によるこうした抗議活動を批判してきた。