【平壌共同】北朝鮮の首都平壌で10日までに、「平壌ダチョウ牧場」の竣工式が開かれ、集まった朝鮮労働党幹部や牧場の従業員ら関係者が拍手で祝った。ダチョウの飼育施設のほか、食肉加工場、子ども向けの遊び場などを備えている。観光施設としても活用する方針で、ダチョウが引く乗り物に乗る人々の様子がお披露目された。

 牧場にはモニターを使って成育を管理するシステムが整えられ、多数のダチョウが群れを成している。施設内にはダチョウの皮を使った靴や、骨を利用した指輪、首飾りなどの装飾品、卵に細工を施したオブジェが展示されていた。解体施設もあり、肉は食品に加工されるという。