広島は1―1の七回、代打磯村の適時打など5連打を含む6安打を集中して一挙4点。九回は代打坂倉がプロ初本塁打の3ランで突き放した。野村はテンポよく6回1失点で5勝目。巨人はメルセデスらが要所で踏ん張れなかった。