【バンコク共同】ポンペオ米国務長官は1日、訪問先のバンコクで記者会見し、対立が深刻化する日韓関係を巡り、河野太郎外相と同日、短時間会話したことを明らかにした。その上で「日韓両国が緊張を緩和し、前に進むための方策を見いだすことを望んでいる」と述べた。

 両氏は2日に韓国の康京和外相を交え、日米韓外相会談を開く予定。ポンペオ氏が日韓両国に新たな対抗措置を見合わせて緊張を緩和することを提案するとの見方もあるが、具体的には言及しなかった。

 ポンペオ氏は米朝交渉について「対話を続ける準備ができている」と述べ、北朝鮮側が早期の交渉再開に応じることに期待を示した。