日本列島は1日も広く高気圧に覆われ、各地で気温が上昇し、岐阜県美濃市で全国の最高気温38・4度を記録した。東京都心部も午後3時22分に35・0度を観測し、今年初の猛暑日となった。週末にかけて気温が高い状態が続くとみられ、気象庁は引き続き熱中症に注意を呼び掛けている。

 気象庁によると、全国926観測点で802地点が30度以上となった。このうち35度以上の猛暑日の地点は184に達して今年最多となった。

 他に愛知県豊田市38・1度、栃木県佐野市や埼玉県鳩山町37・8度、群馬県館林市と津市で37・4度。名古屋市中心部は36・8度、大阪市中心部は35・5度だった。