お笑いコンビ「アンジャッシュ」(児嶋一哉、渡部建)が、東京都内で開かれた外国映画「僕のワンダフル・ジャーニー」(9月13日公開)のPRイベントに、それぞれの飼い犬を連れて登場。犬と飼い主の絆を描いた感動作にちなみ、愛犬自慢を繰り広げた。

 児嶋の愛犬ネネ(雌、1歳)と渡部の愛犬マロン(雌、11歳)が映画の宣伝大使「ワンバサダー」に就任するに当たり、「犬たちの付き添いとして呼ばれた」という2人。愛犬とのエピソードを問われた児嶋は「夫婦げんかをすると、ネネが間に入って止めてくれる」と明かした。

 昨年、妻で女優の佐々木希との間に第1子をもうけた渡部は「子どもが(マロンを)たたいたり、しっぽをつかんだりしてしまっても、嫌がらずに遊んでくれる。まるでお姉ちゃんみたいな存在」と目を細めた。

 その後、2人は愛犬との絆を確かめるべく「お手」や「お座り」などの芸に挑戦した。犬たちが見事に飼い主の指示に従ってみせたところで、なぜか犬の着ぐるみ姿だった児嶋に、渡部が「お座り」をさせる展開に。

 「コジ、お座り!」と相方に指示され「犬じゃないから」と反発する児嶋の横で、なんとネネがお座りを披露。アンジャッシュの人気ネタ「すれ違いコント」を思わせるハプニングに、会場が笑いに包まれた。