セブン&アイ・ホールディングス(HD)は1日、東京都内で記者会見を開き、不正利用の被害があったスマートフォン決済「7pay(セブンペイ)」のサービスを9月末で廃止すると発表した。未使用残高については、法令上の手続きを経て払い戻しを行う。7月に開始したサービスからわずか3カ月で撤退する異例の展開となった。

 記者会見の冒頭、セブン&アイHDの後藤克弘副社長は「被害は100%補償させていただく。関係者の皆さまに心よりおわび申し上げる」と謝罪。被害は7月末時点で808人、計約3861万円に上ったと公表した。