【ウラジオストク共同】ロシア政府は7月31日、メドベージェフ首相が8月1、2日の日程で極東のザバイカル地方とサハリン州を訪問すると発表した。政府当局者によると、北方領土を事実上管轄するサハリン州で地域発展に関する会議に出席し、2日午後にも択捉島に入る計画。天候を勘案し最終的に判断する見通し。

 メドベージェフ氏が北方領土訪問に踏み切れば、2015年8月以来4年ぶり。日本政府は中止するよう求めており、訪問した場合は抗議する方針。