JR山口線の新山口(山口市)―津和野(島根県津和野町)間を走る観光列車「SLやまぐち号」は1日、運行開始から40周年を迎え、記念出発式が開かれた。

 観光列車として復活した1979年当時に付けていたヘッドマークや、特別な日のための赤いナンバープレートを取り付け、当初の装いをほうふつとさせる姿で登場。

 SLやまぐち号は、通常3~11月の週末などに1日1往復している。

 ポーッと汽笛を鳴らし、黒い煙をもくもくと出してやまぐち号が走りだすと、駆け付けた約800人のファンが手を振って見送った。