京都市東山区の祇園で1日、芸妓や舞妓が芸事の師匠やお茶屋にあいさつに回る夏の恒例行事「八朔」が行われた。

 芸舞妓らが黒紋付きの礼装で、人間国宝の京舞井上流家元の五世井上八千代さん宅などを訪れ「おめでとうさんどす」「おたのもうします」とあいさつした。汗がにじむ暑さの中、路地に舞妓らが現れると、集まった大勢の見物客が一斉にシャッターを切った。

 八朔は旧暦の8月1日を指し、京都の花街では、日頃の感謝を込めてお礼や贈り物をする習わしが今も続いている。