航空自衛隊は1日、空自三沢基地(青森県三沢市)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが同県沖の太平洋に墜落した事故を受けて見合わせていた、同型機の飛行を午後再開した。F35Aの飛行は4月9日の事故以来で約4カ月ぶり。

 防衛省は操縦士が機体の高度や姿勢を把握できなくなる「空間識失調」に陥って墜落した可能性が高いとする調査結果を公表。岩屋毅防衛相は1日午前、記者団の取材に「安全管理に万全を期すための措置を十分に講じた」と述べた。