国税庁は1日、10月の消費税増税時に始まる軽減税率制度で、対象の線引きに迷う場合の指針を追加した事例集を公表した。遊園地やテーマパークの売店で買った物を歩きながら飲食するのは軽減税率の8%、店が管理するテーブルに着くと「外食」で標準税率の10%になる。新聞の宅配・電子版のセットは対価を切り分け、それぞれに8%と10%をかけるとした。

 税率8%となる「外食・酒類を除く飲食料品と宅配の新聞」の定義に関し、説明会などで照会のあった事例に答えた。増税まで2カ月。実際の対応を迫られる事業者の疑問もまだ湧きそうで、混乱の恐れは尽きない。