1日午前6時50分ごろ、東海道新幹線の豊橋(愛知県豊橋市)―三河安城(同県安城市)間で停電が発生したため、豊橋―名古屋間の上下線で運転を見合わせた。約10分後に復旧し、安全を確認した上で運転を再開した。JR東海が停電の原因を調べている。

 同社によると、上下線計3本が最大12分遅れ、約1100人に影響が出た。