【バンコク共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は1日、金正恩朝鮮労働党委員長が7月31日、新たに開発した「大口径操縦放射砲(多連装ロケット砲)」の試射を視察したと報じた。場所は伝えていない。韓国軍は31日、北朝鮮が東部から短距離弾道ミサイル2発を発射したと発表したが、ロケット砲だった可能性がある。

 1日付の党機関紙、労働新聞は1面で視察を伝えながら写真は掲載しておらず、韓国は米国と共に分析を続ける。

 朝鮮中央通信によると、金正恩氏は満足の意を示し「標的となる勢力にとって今日の試射結果は悩みの種になるだろう」と述べた。韓国や米国には直接言及しなかった。