明治時代に開業し、福井、滋賀両県を結んだ旧北陸線トンネル群をPRしようと、沿線自治体でつくる観光協議会がトンネルを紹介するカードを作り、周辺の公共施設などで配っている。現存する13のトンネルは全て車で訪れることができ、鉄道黎明期の建設技術に間近で触れてもらい、観光客の増加につなげたい考えだ。

 カードは計15種類を準備し、4月から配布。四半期ごとに配る種類を変え、来年3月まで続ける。各種400枚限定で、特定カードをそろえた人だけが入手できる「レアカード」もある。配布場所などについては、同町のホームページか、観光まちづくり課、電話0778(47)8002。