アスクルは31日、筆頭株主のヤフーから自社株式の売り渡し請求を審議する予定だった8月1日の臨時取締役会の開催を取りやめると発表した。ヤフーがアスクルに先立って31日公表した声明で、条件付きで資本関係解消の交渉に応じるとしたため。8月2日の株主総会で岩田彰一郎社長が再任されない場合も、新経営陣が関係解消を望めば、ヤフーとの協議が継続する可能性がありそうだ。

 売り渡し請求に関しては「審議を延期する」とした。理由として、ヤフーが声明で、アスクル側が企業価値向上に貢献できる第三者の支援先を用意できれば、交渉を「拒否するものではない」と指摘したことを挙げた。