【ミルトンキーンズ(英国)共同】女子ゴルフのメジャー最終戦、AIG全英女子オープンに出場する選手が開幕前日の31日、英ミルトンキーンズのウォバーンGCで最終調整し、コースを回った日本ツアー今季3勝の鈴木愛は「風に流されるホールと、全く流されないホールがある。しっかり覚えておきたい」と対策を練った。

 同じ会場で行われた2016年大会は初出場で65位だった。「フェアウエーもグリーンも軟らかいが、3年前はこんなに風がなかったと思う」と印象を語った。

 比嘉真美子、上原彩子らもラウンドし、畑岡奈紗はプロアマ戦に出場した。