【デンバー共同】米大リーグ、インディアンスで昨季ア・リーグ2位の防御率をマークした先発右腕バウアーが三角トレードでレッズに移籍すると30日、メジャー公式サイトが伝えた。今季はここまで24試合で9勝8敗、防御率3・79。

 インディアンスには、レッズから今季を含めて3年連続20本塁打以上の外野手プイグ、パドレスから今季27本塁打の外野手F・レイエスらが移籍。パドレスにはレッズからマイナーの外野手が移る。