競泳の有力選手が集うワールドカップ(W杯)東京大会が8月2日に東京辰巳国際水泳場で開幕する。28日に閉幕した世界選手権の男子で200mと400mの個人メドレーで2冠を果たして東京五輪代表入りを決めた瀬戸大也らが31日、記者会見し、瀬戸は「400m個人メドレーだけに出場する。いい記録を狙って頑張って泳ぎたい」と意気込んだ。

 日本のエースは、活躍が期待される東京五輪への抱負も。「母国開催。本当に楽しみでしょうがない。パワーをもらって金メダルを取りたい」と威勢が良かった。