日本列島は31日も広く高気圧に覆われ、各地で気温が上昇した。岐阜県多治見市で37・7度を観測するなど今年一番の暑さになる観測点が相次いだ。8月1日も引き続き猛暑が予想され、気象庁はエアコンの適切な使用、こまめな水分・塩分補給といった熱中症対策を呼び掛けている。

 気象庁によると、全国926観測点の8割を超える777観測点で30度を超え、うち35度以上の猛暑日は146地点に達して今年最高となった。

 他に栃木県佐野市37・4度、愛知県豊田市37・2度、岩手県釜石市37・1度、群馬県館林市36・9度を観測。東京都心部は34・6度、大阪市中心部で35・4度だった。