【ソウル共同】日本政府による輸出規制強化への対策を検討するため、韓国の与野党5党は31日、政府高官や民間の経済団体トップらを交えた協議会を新設し、初会合を開いた。政府と政界、民間の3者が一丸となって日本に対抗していることをアピールする狙いだ。

 協議会のメンバーには、洪楠基・経済副首相兼企画財政相ら閣僚や大統領府高官、各党幹部らが名を連ねた。民間からは労組幹部らも加わった。

 洪氏は「利害や党派を超えて国民と共に力を合わせれば、今回の困難も十分に克服できると信じている」と呼び掛けた。