【ロサンゼルス共同】トランプ米政権が中止を表明した不法移民親子の分離拘束を実際には継続し、900人以上の子どもが親や保護者と離れ離れになっていることが30日、分かった。人権団体の全米市民自由連合(ACLU)が明らかにし、直ちにやめさせるよう西部サンディエゴの連邦地裁に申し立てた。

 トランプ政権は昨年春、不法移民への不寛容政策の一環として親子を別々に拘束する措置を実施。国内外の強い批判を受けトランプ大統領が昨年6月の大統領令で撤回を命じたが「見せかけだ」との見方が根強かった。