農林水産省は31日、三重県や福井県の養豚場で豚コレラの発生が確認されたことを受け、防疫対策本部の会合を開いた。吉川貴盛農相は「感染拡大に非常に危機感を持っている」と強調。ウイルスに感染した野生イノシシが農場に侵入するのを防ぐため、全国全ての農場に防護柵の設置を義務付ける方針を明らかにした。

 感染リスクの高い地域の豚を早期に出荷し、豚舎を空にして衛生管理を徹底させる対策を三重、福井、長野、富山の4県でも実施するよう各県に働き掛ける方針も示した。

 早期出荷は全ての豚を出荷したり殺処分したりして豚舎を空にし、施設の消毒や設備改修などの感染防止対策を講じる措置。