日本通運は31日、企業向けなどのトラック輸送で、基準運賃を8月1日から10%引き上げると発表した。ドライバーの不足が顕在化しているためで、値上げは2014年以来約5年ぶり。

 8月2日に国土交通省に届け出る予定で、実際の運賃は契約企業と個別に協議するとしている。製造業や小売業、サービス業といった幅広い業界に顧客を抱えており、商品などの値上がりに波及する可能性もある。

 日通はトラックのドライバー不足が深刻になっているとして「将来に向け、安定的で良質な物流サービスの提供を図るため、運賃を改定することにした」と説明している。