日立製作所は31日、英国の鉄道運行会社アベリオUK社から、英国中東部を走る都市間高速鉄道の新型車両165両(33編成)を受注したと発表した。受注額は4億ポンド(約530億円)で、2022年に運行を始める予定。

 ロンドンや中東部のシェフィールドなどを最高時速約200キロで結ぶ。モーターとディーゼルエンジンを搭載した「バイモード」車両で、電化と非電化の双方の区間を走行できる。無料の無線LAN「Wi―Fi(ワイファイ)」や電源コンセントを備え、快適性も追求する。

 日立の現地法人、日立レール社が受注し、現地で車両を製造する。