安倍晋三首相は31日、北朝鮮による飛翔体発射について「わが国の安全保障に影響を与えるような事態ではないことは確認している。引き続き米国などと緊密に連携していく」と官邸で記者団に述べた。岩屋毅防衛相は出張先の名古屋市内で「弾道ミサイルであれば、国連安全保障理事会決議に違反する。大変遺憾だ」と記者団に語った。

 防衛省内では原田憲治防衛副大臣を中心に幹部会議を開催。飛翔体の種類や発射数、飛距離など詳細について情報収集している。岩屋氏は、北朝鮮側の意図について「よく分析したい」と具体的な言及を避けた。