【ジュネーブ共同】陸上女子800メートルで五輪2連覇中のキャスター・セメンヤ選手(南アフリカ)が、男性ホルモンのテストステロン値が高い女子選手の出場資格を制限する国際陸連(IAAF)の新規定撤回を求めた問題で、同選手の代理人は30日、スイスの連邦最高裁判所に訴えが退けられたと明らかにした。ロイター通信が報じた。

 テストステロン値を下げないと国際大会の一部種目に出られないとの新規定を不服とするセメンヤ選手はスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴したが敗訴し、5月にCASが本部を置くスイスの最高裁に上訴。最高裁は結論が出るまで大会に出場できる仮処分を出していた。