DeNAは2―2の五回にソトとロペスの適時打で2点を勝ち越し、八回は伊藤光の適時打などで突き放した。上茶谷は7回を3安打2失点にまとめ、自身6連勝で6勝目を挙げた。ヤクルトはブキャナンが粘れず、4連敗を喫した。