【ニューヨーク共同】米金融大手キャピタルワンの顧客個人情報が流出した事件で、不正アクセスしたとして逮捕されたペイジ・トンプソン容疑者(33)は、同社が情報保管に利用する米インターネット通販大手アマゾン・コム系列のクラウドサービス会社でIT技術者として勤務していたことが明らかになった。米メディアが30日報じた。

 同容疑者は、不正アクセスの“成果”をネット上で自慢しており、これが逮捕につながった。

 ニューヨーク・タイムズなどによると、トンプソン容疑者はキャピタルワンが顧客情報を保管するアマゾン・ウェブ・サービスで勤務していた。数年前に退職したとみられる。