財務省は30日、6月の品目別の貿易統計を発表した。昨年末の環太平洋連携協定(TPP)発効後に当たる今年1~6月の牛肉輸入量は、発効国のカナダ産が前年同期比で93・5%増、ニュージーランド産が46・1%増、メキシコ産が26・3%増とそれぞれ伸びた。なじみの深いオーストラリアと米国以外の国のシェア拡大が目立った。輸入関税の引き下げが一因になったとみられる。

 全世界からの輸入量は4・2%増の29万3千トン。全輸入量の半数近くを占めるオーストラリア産は5・3%減で、TPP発効国でも違いが出た。中国がオーストラリアからの輸入を増やしたことが影響したもようだ。