日銀の黒田東彦総裁は30日、金融政策決定会合後に記者会見し、物価上昇の勢いが損なわれる場合は「ちゅうちょなく追加的な金融緩和措置を講じる」と表明した。金融政策の方向性を示す指針にも明記したことで「従来よりも緩和に前向きになった」と述べた。米国が31日に利下げに踏み切る公算が大きいことをにらみ、政策の手詰まりを否定した。日米の金利差縮小に伴う円高ドル安を避けるため、市場をけん制する狙いがある。

 短期金利をマイナス0・1%とし、長期金利は0%程度に抑える現行の緩和策は維持したが、黒田氏は「追加的な手段はいくつもある」と強調した。