2018年の日本人の平均寿命は女性が87・32歳、男性が81・25歳となり、ともに過去最高を更新したことが30日、厚生労働省が発表した簡易生命表で分かった。前年に比べ、女性は0・05歳、男性は0・16歳延び、それぞれ7年連続のプラスとなった。女性は4年連続で世界2位、男性は前年に続き3位だった。

 平均寿命は、今後、死亡状況が変化しないと仮定し、その年に生まれた0歳児が平均で何歳まで生きられるのかを予測する数値。厚労省の担当者は「女性は脳血管疾患と肺炎による死亡率が、男性はがんによる死亡率がそれぞれ改善したため、寿命が延びた」としている。