日本山岳・スポーツクライミング協会は30日、世界選手権(8月11日開幕・東京都八王子市)に臨む日本代表を発表し、2020年東京五輪代表入りが懸かる複合の出場メンバーには5月の複合ジャパンカップ(JC)を制した男子の楢崎智亜(TEAM au)や女子の野中生萌(XFLAG)らが名を連ねた。

 複合JCやワールドカップ(W杯)の成績を踏まえて選ばれ、男子は昨年の大会でボルダリングを制した原田海(日新火災)や藤井快ら、女子は第一人者の野口啓代や伊藤ふたば(以上TEAM au)らもメンバー入りした。