日産自動車とフランス大手ルノー、三菱自動車の企業連合による2019年上半期(1~6月)の世界販売台数が30日出そろい、合計で前年同期比5・9%減の521万3673台となった。17年と18年の上半期で世界首位だったが、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)とトヨタ自動車に及ばなかった。

 VWは2・8%減の536万5300台。トヨタはダイハツ工業と日野自動車を含めたグループで2・0%増の531万1806台だった。

 日産は7・9%減の262万7672台。ルノーが6・7%減の193万8579台、三菱自が5・0%増の64万7422台だった。